こんにちは。
「メディアデビュー成功バイブル」の白井ひとみです。

ご本人の地元である香川県はもとより、県外、海外でもご活躍の野菜ソムリエ 池田奈央さん

ご自身のキッチンスタジオで開いている料理教室やケーキ教室が大人気。
大手カルチャースクールでもひっぱりだこの売れっ子料理家です。

なおさん

◎池田奈央さん公式サイト なぁ~ちぇ 
       公式ブログ なぁ~ちぇ 野菜ソムリエ 美味しい時間 

 

料理教室を開いている料理家は多いですが、
奈央さんは「野菜ソムリエ」ならではの料理教室を企画し、新聞に大きく取り上げられました。

 

広く県民に知らせるべき「料理教室」として新聞で紹介

野菜ソムリエの奈央さんが企画する料理教室は、日頃から野菜をたくさん摂取できるレシピが中心。

メディアに情報=プレスリリースを送った企画は、
野菜は地元産であることはもちろん、しょうゆ、しお、オリーブオイルといった調味料も地元産にこだわった「かがわまるごと料理教室」です。

 

この企画の背景には、香川県が抱えるある健康問題がありました。

実は、香川県民は野菜を食べない人が多く、
野菜の摂取量が全国的にもワーストレベルだったのです。
その上、「うどん県」を名乗っている香川県は、うどんの消費量が群を抜いて多い土地柄。
そのため、糖尿病患者数もワーストレベル。
県をあげて野菜の摂取量増加に取り組んでいました

 

日頃、野菜ソムリエとして野菜の活用法を提案している奈央さんは、食材の鮮度のよさにまさる美味しさはないと思っていました。
そこで、とれたての新鮮な香川県産の野菜とともに、それを引きたてる調味料も香川県産だけを使う料理教室を企画。

県産野菜+県産調味料の組み合わせ、
地域が抱える健康問題にアプローチした料理教室は、新聞に大きく掲載されるにいたりました。

なーちぇ

「朝日新聞さんに掲載いただきました!」

 

★池田奈央さんのコメント★

 

☆プレスリリースをしてみようと思った理由

もちろんタダ!だから。お金があれば、もちろん広告宣伝費をかけたいけど、個人事業者にとってもはかなり高いです。広告費。
しかも、最近は、お金をかけた広告より、ライターさんに取り上げられた記事の方が、一般の方に響くような気がしたので。

☆プレスリリースをしてみて感じたこと

文章にするのがとっても苦手だけど、自分の思いをそのままの言葉で書いて、白井さんに添削してもらうことで、やっぱり自分のことは自分にしか分からないし、そのままを書けば思いは伝わる!と感じた。

☆プレスリリースをしてよかったこと

自分の強みやこんなの出来ます!って意外と自分では言い難いと思っていたが、当たり前ですが、何でもまずは、自己紹介が大切。
プレスリリース後、そのまんまの内容を初対面の方に堂々と自分の強みとして、自己紹介出来るようになった。

☆プレスリリースをして大変だったこと

電話やFAX番号、住所と調べること。
電話は、ほとんど担当者には繋いでもらえず、きっと読んでくれないんだろうな。と応対の態度で分かるので、少しだけ凹む。

☆セミナーの感想

他の受講者の方のお話しや白井さんのアドバイスを聞けるので、個人講座より、とても勉強になる。他の方の強みや弱みを自分に当てはめながら聞くことで、コンサルに行くくらいの価値があると思う。
考えながらの講座でとても楽しく学べました。

問題や課題の解決につながる取り組みは、新聞やニュースが取り上げたい内容です。
いつもの活動に「社会的貢献」の視点をプラスすることで、メディアの関心はがぜん高まります。